サーフオンザスノー

滑走記録及びギアのあーでもないこーでもない

初心と興味と実行

ようやく9月に突入しあと約1ヶ月後にはイエティがオープンのとこまでやってきました。

体感はもちろん暑いんですが、例年ソワソワし始める時期になってます(笑)

 

昨シーズンの振り返りを今更してみようと思います。

徐々にですが滑走日数が右肩下がりで坂道グループには顔向け出来ません(笑)

果たして年齢なのか、仕事なのか、健康状態なのか、体力なのか、気力なのか、分かりませんが1つに休日と寒気到来のタイミングが噛み合ってなく、どことなく奮わなかったのもありました。

こんな言い訳じみた事を書き続けても仕方ないので、本題へ入ります。

 

アツい気持ち

シーズンインに初めて訪れたハンターマウンテン塩原(栃木県)。

f:id:zephyr160:20190910021103j:image

前々から気にはなっていた場所の1つです。若かりし頃はイエティにも出向くタイプだったので、天然雪じゃないと…、とか気にしないのが根本にあります(笑)滑れる環境を早々に整えて下さっているんだからその恩恵を受けないともったいない的な発想とでも言いましょうかね。

想像以上に広大な敷地だった事にビックリでした。と言っても日本有数のビッグゲレンデと比べてはいけませんよ(笑)

初滑り期なので最頂部にある上級コースのみがオープンって事なんですが、アツいなと思ったことがあります。前述した通り上級コースという事なのですが、リフト降りて平坦部を進みコース入口まで行くといきなり急斜面って構成なのです。というか、端的に表現すると上級コースしか営業してないはずなのにその割には賑わっているんです。割合までは統計を取ってませんので分かり兼ねますが明らかに上級者でない方々もいらしてるんです。

その当時ハンターマウンテンはベース部には雪はまだ敷ききれてなかったので幹線リフトで上部まで行き、その降り場辺りはなだらかなスペースが広がっており、更に頂上リフト乗り場へと進んで上へと行く訳ですがもちろん上級コースを滑れる事を前提でないと乗れないんです。そこで乗ると降り場へ着いたら迂回コースはなく出だしの急斜面を下りなくてはなりません。

f:id:zephyr160:20190910021206j:image

そこを避けた上でに楽しむには…、幹線リフトを降りたなだらかなスペースから上級者限定リフトを乗らずにオープンしているコース脇をハイクアップしていくのです。

人それぞれ、熱量や事情など様々でしょうが、ハイクアップという選択肢を取ってまで滑りたい!というのは密かながらに心動かされました。初滑り時期って事ですから、絶対滑りたい気持ちが強くないと来るわけない環境なんで、そこは容易に察する事が出来ます。

それを目の当たりしただけでも大変有意義なシーズンインとなりました。

 

東北への…

個人的に群馬(沼田や水上)は割とよく行ったりするんですが東北道方面は今までなかなか縁がありませんでした。

ですが18-19シーズンでは羽鳥湖にも行きましたし徐々にではありますがディープな東北への気持ちの昂りが年々増しております(笑)

f:id:zephyr160:20190910021328j:image

17-18シーズン後半くらいからカービングへの目覚めがあり、ターンするだけでも楽しいというある種境地へ踏み入れてしまいました。そして、ハンターマウンテン塩原やグランディ羽鳥湖はカービングのメッカなスポットで有名ですし、それに相応しいキレイな圧雪面という印象を然りと受けました。たまになのか割と高頻度にしていくのかは分かりませんが安定したコンディションでひたすらターンを刻む日もアリだなと言うか積極的に設けたいと思うようになりました。

 

近頃のベクトル

最近のベクトルはディープな東北と、キレイな圧雪面を造ることに誇りを持っていそうな場所への再訪や開拓が大きいです。八方尾根や尾瀬岩鞍、戸隠にはソソラレまくりです(笑)

別視点ではツリーコースが好きでもあるので、更に増やすニュースを出してる斑尾やそっちの類のメッカである未踏のコルチナ&ハクノリ(白馬乗鞍)、何気に気になっている高井富士&よませ。

ディープな東北は思い返せばツリーコースがメインかもしれません。単に観光ニュアンスや興味本位も含めると、八甲田、夏油、安比蔵王天元台はとりあえず生きてるうちに行ってみたい場所です。(笑)

更に付け加えると北海道も外すわけにも行きません。現在までニセコ3回に富良野1回となってますが、再び富良野や新たにルスツや旭岳ってのも気になって仕方ないですね。

 

と、すぐに実現出来るか分からないものも挙げさせてもらいましたが、行きたい場所だらけって事です^^;

 

宿取り合戦

まだ時期が早いよとか思う方もいらっしゃるかもしれませんが、人気な宿泊地はお盆前後から動かないと宿を取れなかったりするので予算と日程と人数が決まり次第、早めに動く事をお勧めします。エアチケットや宿代も安く済んだりするし、気持ちやスケジュール管理に余裕が持てます!

シーズンギリギリやシーズン入ってからだと価格も強気ですし、人数分の部屋が確保できるかも血眼になって探す事になりますしね…

野沢や白馬、北海道は海外からのお客さんも多いのでなおの事ですね!

 

振り返りからの脱線して願望という記事とし許されるのか分かりませんが、忘備録という意味合いで記録しときます(笑)

 

長文になり申し訳ありませんでした。

ここまで読んで下さったならありがとうございます!

 

それではまた!(・◇・)/~~~

自己流、道具の選び方・買い方

冷夏なのかなと思わせるぐらい肌寒かった梅雨がいざ空けると、酷暑…

ということは、次の冬は暖冬と寒冬のミックスなんでしょうか(笑)

頭の中は雪山の景色をリピート再生中ですけど。

 

そんなことはさておき、先日神田スポーツ街(夏の陣)へ繰り出してきました。

実は、最低限必要なものは昨シーズンの終盤に色々と補填してしまったので、買わなくちゃいけない物は無いはずなんですが…

 

新モデルか?現行か?型落ちか?

悪魔の棲む街の恐怖は知ってはいるけど、ついつい行ってしまうんですよね。

実物を見れる&触れるというのは、非常に危険ですけど妄想が膨らんでしまいます(笑)

更に春以降というのは、在庫あるものに限りますが大体ですが30%〜50%引きで売られてます。ショップのメンバーカードや、試乗会に参加した際に貰える特典などをうまく使えば半額以上に持っていけるものも出てきます。

新モデルに拘りたい方は別ですが、そうでないクチならオフシーズンこそ年中スノーギアが置いてある神田周辺や各地のプロショップに行く価値は大いにあると思いますよ!ネットには載ってない掘り出し物だって気合いと行動力と人脈次第では巡り合える可能性はあります。

で、話を戻しますと値札の店頭価格でネット通販より安い51%オフというある板の存在を知ってしまって火が付いちゃいました。

そして翌週、悩んだ挙句に案の定お持ち帰り…

18-19モデルの未使用である再入荷品がそんな値段で買えるならとサブ板的ポジションで迎え入れました(笑)

 

板(ブランド)選び

国内ブランドだろうが、海外ブランドだろうが、乗ってみたいという自分の中の琴線に触れたなら乗るべし!と悟りを開いてしまった次第です…

K2(2枚連続)→BTM→fanatic→November→MOSS SNOWSTICK→November→SALOMON→gentemstick(2枚連続)

ときてる訳なのですが、最近の気になってる板というのは

gentemstick bigfish

SALOMON super8

RIDE warpig

でした。はい。

 

そして、そのお店で再入荷してきましたよ〜と店員さんが持ってきたのはRIDE warpig。

ttシリーズに乗ったことでフラットの素直さが好きになったってこともあり、気になっていました。

見せてくれた時はSサイズ(148cm)があったんですが、翌週の日曜に訪れた際にはその日の前日である土曜にSサイズが売れちゃいました〜と。前評判の高いSサイズと考えてたわけですが、有効エッジの長さを調べたらむしろMサイズ(151cm)でもいいのかもと予備的に考えていたことから、在庫のあったMサイズにしました。

f:id:zephyr160:20190801221651j:image

こんな事なら3月に行った苗場のSBJ試乗会で乗っていれば良かったとちょっと後悔しました。ま、完全にあとの祭りですけど(笑)

 

買い換えのタイミング

で、その試乗会の時に19-20シーズンのバインディングをどれにするか決めました。

カラコラムというメーカーのミドルフレックスなプライムコネクトRの装着感とハイレスポンスな動きに感動すら覚えました…

聞けば、アレックス・ヨーダー氏や藤田一茂氏、オレンジマンこと山内一志氏、創設者である玉井太郎氏などが2019年3月当時使用中と後から知れば納得でした。

NOWで買い替えを考えてましたが、メーカーの名前だけは頭の片隅にあったのでせっかくだから試してみるかと挑戦したのが吉と出ましたね。

f:id:zephyr160:20190801222811j:image

 

その後、使ってたグローブの指先が破れ、なかなか急ぎだったので同メーカーのものを通常割引と貯まってたポイントをつぎ込み、結果40%オフくらいな値段でポチりました。

f:id:zephyr160:20190801221730j:image

 

同時的に履いていたビブパンも破れは無かったもののシミてきたり、ポケットがほつれたりと傷みが多くなってきたので、バインを予約しに行ったついでにビブパンを物色してたら売れ残りラスト1を割引価格で売っていただいてたという経緯です(^^;)

f:id:zephyr160:20190801221759j:image

 

あとから思い出しましたが試乗会に行く前にはブーツもシーズン中にせかせかと買い換えましたし…

f:id:zephyr160:20190801221911j:image

なので春〜夏と完全自粛にもなりますよね(^^;;

 

 

warpigを買った日に別のお店で気になるジャケットの存在を発見してしまいまして、今期はもう在庫がないらしく (泣く泣く?)来期以降でという事でお店を出ました。品薄物は年明け後の真冬にアクションしなくてはという現実を見せつけられました(笑)

 

まとめ

要するに何が言いたいかというと、

  • 乗りたい(乗ってみたい)板に乗ろう
  • オフシーズンこそ狙い目
  • 気になるものがあるなら試乗会は行くべし
  • 品薄物はハイシーズン中に確保するべし

と、改めて肝に銘じました(笑)

 

来期はフラットボード漬けが楽しみです〜

ではまたいつの日か(・ω・)ノ

 

 

道具のアップデート

気まぐれな記事の書き方ですいません。

気が向いた時に書こうかな程度だし、アフィリエイターでもないのでこれからも自由にいきます。

f:id:zephyr160:20190303183441j:image

2018-2019シーズンも3月に入りました。

あと何回滑りに行くか分かりませんが、春には春の気持ち良さがある事を知っているので、それを済ますまでは終わりません、終わらせません(笑)

 

締めくくりっぽくなってしまいますが思いついたままに文字を打っているので、それはそれでしょうがないですね(^^;

 

このシーズン、新しく導入した事がいくつかあります。

ヘルメット導入

f:id:zephyr160:20190303183829j:image

まずは、ヘルメットの使用。スキー場に行ってもホントに増えましたね。絶対に安全を保障する物ではありませんが衝突対策以外にもメリットがある事を知りました。

まずは、保温性があるという事です。首から上が明らかに冷えにくくなりましたね。そして、それに付随する事かもしれませんが、濡れない凍らないことですね。ビーニーだけと比べると材質的にも当然ですよね(笑)

あとは、被ってることによって勇気が少し後押しされる事でしょうか。

もちろんメリットばかりではありません。

マイナス面を挙げるとすると、とりあえず持ち運びが当たり前ですがかさばります(^^;;

もう1つは、バイクに乗ってるとか仕事で使ってるような、ヘルメットを被ることに慣れていなければもしかしたら重さに対して首の疲れも出てくることもあるでしょう。

これが全てではありませんが少しでも参考になるのなら幸いです。

被り方

被り方は今現在、2通りあります。

1つはインナーに生地の薄いバラクラバやキャップを被りその上からヘルメットを、という王道のスタイルです。ゴーグルはヘルメットの外側から付けてるパターンですね。

2つめは、ビーニーがインナーになる被り方です。

もちろん、薄めの生地が良いのは確かですし、ボンボン無しは必須かと(笑)

順序としてはビーニーを被りゴーグルを付けてその上からヘルメットを装着する具合です。コレにしたい際は、ヘルメットの内部を緩くしたり中綿的なパーツを外せるモデルが有ります。また、そういう事が出来ないモデルはビーニー持参で被って選ぶのが確実です。売り場で思いつきの場合は気持ち大きめをチョイスで対応もアリだと思います。そうする事でゴーグルはヘルメットの内側になるようなスタイルになります。

ただ、ビーニー内側スタイルの難点は慣れるまでは、とっさにゴーグルを上にズラす事にストレスを感じる事も事実です(笑)ヘルメットを外してからでないとゴーグルを上にズラせませんからね〜

絶対ではないものの、被っていて損ではないので検討するのは大いにアリですよ。

ステッカー貼ったりすれば気持ち的にアガりますし。

 

完全導入した事をもう1つ。

それはワックスです。

落ち着きました

f:id:zephyr160:20190303183852j:image

決して今までワックスをしていなかった訳ではありません(笑)

それまでは使用メーカーは定まらずあっち行ってはこっち行ったりと、浮気者でした(笑)

しかし、リキッドワックスに出会い、効力を実感しようやく落ち着きました。

リキッドワックス2種をベースワックス(ホットワックス)の前に染み込ませる事で格段に持続力が長くなりました。2月上旬には2泊3日で北海道にも行きましたがメンテナンス無しで気持ち良く滑り切りました。もっと言えば、小まめにスクレイピングやブラッシングすればもっと走っていたのでしょう(笑)

ただ、それをしなくとも走っていたのは事実です。

しかも、パラフィン主体のワックスなのです。フッ素の代わりにナノダイヤモンドがふんだんに使われてるようです。保ちがいいのはその影響なのでしょう。

ただ、どんなワックスメーカーでも手を焼くストップスノーの時期が近づいてきてます(・・;)

f:id:zephyr160:20190303183918j:image

その時が来たらSPRING MASTERというジェル状のトップコートワックスを試したいと思ってます。

 

シーズン中に補填

f:id:zephyr160:20190303183936j:image

こんなシーズン真っ只中でニューモデルもチラホラ出始めるこの時期に、現状型落ち的な売り切れ寸前の今シーズンモデルを新調しました。まだ滑走はしていませんが翌週末に滑りに行く予定なので楽しみです。

 

例年より短かくなるでしょうが、残りの雪山も自分なりに楽しもうと思っています。

 

長くなりましたので今回はこの辺で

ヽ(・∀・)

 

ツリーランや非圧雪への責任

f:id:zephyr160:20181008110437j:imageほんの10年前に比べれば格段に敷居は低くなった気がします。

それまでは極端でもなく、いわばバックカントリーと言われる人手が入っていない雪山とか、管理区域外へ通じるツアーコースなどゲートから出てが主だったと思います。そんななか、ニセコやアライなどが率先して取り入れてた印象があります。

今現在(2018-2019シーズン直前)では、ツリーラン及び非圧雪を導入しているスキー場は驚くほど飛躍的に増えてます。

とはいえ、その形式は様々です。

  1. スキー場管理区域内に1つのコースとしての扱いを受けてるようなもの
  2. 毎シーズン、1回講習を受ければ特定の場所を滑れるもの
  3. スキー場管理会社が提携しているツアーに参加すると滑れるもの
  4. 1とは微妙に違う、スキー場管理区域境界に設けられたゲートから外へ出て滑るもの

だいたいこんな感じかと思います。

全てのことに言えるのはまず、オープン/クローズをハッキリさせるゲートや、好き勝手にではなくツアーガイドやパトロールの許可や同行があったりします。

でも一昔前より遥かにスキー場前提(スキー場経由)で楽しめる場所が増えたのは、いいことだと思います。お子さんがいる家族のお父さんが貴重な週末に家族とは別行動をしょっちゅうするわけにもいきませんし、あらゆる事情でクルマが持てないことでの移動に融通が利かないケースもあると思います。

しかし、滑らせてもらう方も甘えっぱなしではなく自分の身を守るための装備(ヘルメットや雪崩対策道具)について真剣に考えたり、安易なロープくぐりはしないなど真摯な姿勢で楽しまなければいけないのではないのでしょうか。

今でこそ、野沢温泉上部にあるやまびこエリアは自己責任で解放されてますが、元々はロープを張られてました。が、後を絶たないロープくぐりに相当悩まされたと思います。更に今では海外からのお客さんも多く、来てくれる客を追い払いたくはないし、かと言って、危険な事をさせたくないしと、それだけではないでしょうが苦渋の決断だったのではないかと想像できます。

楽しませてもらう以上、ユーザーもそれなりに少しずつ気を引き締める遊びと認識していく必要があるし、義務だと思います。

 

固いことばかり書いてしまいましたがメリットを挙げると、

  1. 雪が柔らかいケースが多々ある
  2. 開けてる場所はガスってても、林の中は視界が良かったりする(風も同様)
  3. 板を扱う技術が上手くなる
  4. ライン取りの精度が上がる
  5. 万が一の雪崩発生に対する被害を軽減してくれる

などですかね。

 

ツリーに入る場合、162以下の板ならより気を遣わず滑れると思います。視線は常に先に置いておく。沢などの地形確認を怠らない。ツリーホールや急激な段差の有無にも気を配る。行きたい方向(方角)を見失わないよう気をつける。テールよりに重心かけて乗ると小回りが利くので有効。下ばかりを見てると枝に頭打ったりするので適度に視界は広く取る。木に衝突しそうになったら出来る限り足元(板のソール側)からぶつかるようにする。他人がつけたトラック(滑った跡)を過信しない。

 

別にビビらせてるわけではなく、林の濃さによってはこれらに対して気を配らないと無事に抜けられないので、かなり鍛え上げられるはずです。逆に言えば、自信がないならまだやめておいた方が無難です。

 

真剣にスノーボードのフリーライディング力を上げたいなって方は、自己責任ですが遅かれ早かれ入る事をお勧めします。

美味しいポイント探しの嗅覚は、より研ぎ澄まされますよ(笑)

 

 

 

板のカタログスペック

大雪山系黒岳の初冠雪でテンション上がったものの、残暑のぶり返し…

といっても、暦の上ではまだ8月なのですが(^^;

 

気持ちばかりが冬へ先走ってます(笑)

毎年毎度の事ですが。

 

持論全開ですが、板のカタログスペック(数字で表されているもの)などの解釈について書こうと思います。

 

全長

書いた字の如く、板全体の長さ。

俗に言う、パウダーボードと括られるものは大体、150〜175が多いでしょうか。

長めはオープンバーンなら、もう水を得た魚のように活きると思います。そして、短めはツリーランで恩恵を感じると思います。

無難と言うか、オープンバーンはもちろんのことツリーも入れる汎用性の高い板の長さは156〜163あたりってとこでしょうか。

※あくまで長さだけをみた場合です。

 

前述した全長との組み合わせで選択肢が更に拡がります。

長さだけでなく幅にも着目すれば、短いけど太いから浮力は充分。とか、長いけど細めで浮力過多な抵抗感を気にせず滑れる。など全長だけでは掴みきれない板のキャラが分かってきます。

テール幅よりノーズ幅が広いテーパードシェイプな板は、どこまで行けるかはまちまちですが少なからず非圧雪進入を想定して造られてます。

また、太い板は非圧雪では大変浮きやすいけど、斜面の荒れ具合をもろに受けるのと、細いトラバースラインを行き来するのは楽ではないという事を覚悟しておきましょう(笑)

 

コンタクトレングス

平らな場所に、板を置いた時に地面(雪)に接している長さの事です。この数値が乗り味に大きく影響するかもと思います。

フリースタイルボード(154クラス)では大体1000〜1200が相場ですが、変態シェイプボードでは全長が170前後なのにコンタクトレングスが800〜950だったりするので、見た目では長くて取り回しが大変そうだなと思っても案外軽い乗り味だったりします。

更に、接してる長さがたったそれだけってことはそれ以外の場所は非圧雪に入った時、浮力として活きてくるのです。ノーズの先っぽなどのように浮力に関係ない箇所もあるので全部が全部ではありませんが(^^;

 

構造

各社技術力のせめぎ合いで名称はそれぞれですがキャンバーとか、ロッカーとかのことです。

非圧雪に重点を置いて見た場合、やはり強すぎるキャンバー構造は抵抗を受けやすくブレーキになる事もあります。なので、数年乗ってキャンバーが気持ちヘタッた板が実はパウダースポットで気持ちよく乗れたりするかもしれません。

パウダーを視野に入れた板は、ノーズがロッカーでテールが弱キャンバーな事が多いです。ノーズがロッカーって事は、前足に踏む力を増やせばノーズの先端が更に起き上がり浮力が強くなるので、パウダーロッカーというカテゴリーが定着しているのでしょう。

 

テールシェイプ(有効エッジ)

乗り味に少なからず影響してきます。ラウンドシェイプは抜けが良く切り返しがスムーズに出来ます。雪壁や沢地形で乗ると色んな動きがしやすいので、扱い方さえ掴めばかなり楽しめると思います。あとは、普通にオーリーなどもかけられたりするので飛ぶアクションも混ぜれるのもいいところでしょうね。

対してケツ割れと言われる、スワローテールやフィッシュテールは、非圧雪に入るとボードに入れられてるスリットから雪を抜けさせテールを積極的に沈めてノーズを浮かせるシェイプです。両サイドのテールの細さや長さでまたそれぞれ乗り味が変わってくるので、似てる形でも全然乗り味が違ってたりします。

また、面白いのは非圧雪でなく圧雪バーンでターンするだけでもかなり楽しいです。ケツが割れてる板は有効エッジが長めなので、エッジを意識して噛ませればカービングマシーンに変わります(笑)

シェイプによってターン後半が粘ったり、ターンインからギュイーンと突き進んだりと…それが原因であれもこれも欲しくなったりするんだろうなと(^^;;

 

f:id:zephyr160:20180826130652j:image

何だかんだ書きましたが、1番は実際に乗って自身で感じる事だと思います。スノーボード暦然り、普段の乗り方然り、よく行く場所だって人それぞれですからね。

そして、フリースタイルボードの選び方と明確に違うのは、板を自分に合わせるのでなく、板に合わせて自分が楽しめるよう切磋琢磨する感じかもしれません。それぞれの長さや幅、シェイプには意味があり、その集合体が一枚一枚の個性になってるわけですから。

 

では、長文になってしまったのでこの辺で。

 

来たるシーズンへの準備

8月中旬に入り、オフシーズンもそろそろ折り返し…

あと5ヶ月後には、一面銀世界のハイシーズンを迎えるのが本当に信じがたいと思うほどの酷暑です。

f:id:zephyr160:20180815184448j:image

 

動き出し

そして誘惑の街、神田ではこの時期に完売しているものもチラホラと(^^;)

f:id:zephyr160:20180815184739j:image

自分も、予約した板はネット販売を見る限り売り切れてるお店が多いですね〜

ウェアに至っても、取り扱う店舗が少ないうえに予約できた店でも唯一の店舗在庫分を確保できた感じです。

 

善は急げ

コアなモデルやハイエンドモデルは、流通量が少ないし回転率が悪いので、小売店としてもあまりガバガバ取りたくないのがホンネだと思うので、目星があるなら早めに動くことをお勧めします。

万が一、店舗在庫が無かったとしても、この時期からメーカー在庫分を問い合わせできるので手に入れられる確率はシーズンイン直前商戦中より格段に高いと思われます。

また、型落ち狙いでも早いに越した事はありませんが、9月半ばまでが勝負でしょう。

 

ハイエンドモデルのウェアなどは一点モノという事が多くのんびりはしていられません。

1人の人間が考えることは、少なくとも他に大勢とは言わないまでも少数は必ず居ます。

なので、うかうかしてると買われてしまうとか…

 

店頭購入のススメ

さらに、ネット市場の拡大を辿る一方でそこに重きを置いていないお店もあるのも事実で、掘り出し物や選択肢に幅があったりと店頭購入の方がサプライズを受ける可能性は高いです。

また相談の仕方によっては、支払い方法や受け取り方に融通を効かせられたりできるのも大きな魅力です。

 

ネットで探す場合は、サイズ重視のカラーは度外視で見つけ次第ポチる気持ちで根気よく探せば、見つられる事があります。

 

 

今回のオフは、すでに持ち帰り可能なブランドが一部あったりするので普段より少し早く動いてみてはいかがでしょうか。

 

新調ギア

試乗会で乗ってしまったtt165 classic。

1本しか滑れませんでしたが、楽しかった印象は未だにはっきりと覚えています。

黒いティントカラーもカッコよく、早く乗りたくてしょうがありません(笑)

f:id:zephyr160:20180815185004j:image

 

予約したウェアは、ノースフェイスの apex gtx rtg jacket という新ラインモデル。とりあえず発色の鮮やかさに惹かれ、軽く動きやすく蒸れにくい機能十分な一着。耐久性は実際に使ってみないと分かりませんが、現段階では文句無しです。

f:id:zephyr160:20180815185019p:image

 

予約した品物の入荷報告電話を、準備をしつつ首を長くして待つばかりです。

 

着々と下準備を

自分の場合は通年通してなんですが、特にこの時期から行ってみたい場所や改めて行きたい場所なんかを洗い出してます。

そんなこの時期ならではの過ごし方は楽しいし好きです(笑)

 

どうか雪不足だけは、ならないでほしいものですね!

f:id:zephyr160:20180815185408j:image

 

それでは。

スノーボードワックスのかけ方

奥深き世界

f:id:zephyr160:20180324170805j:image

かける頻度もかけ方も、人それぞれ十人十色なワクシング。

正解とか絶対はなく、とても抽象的な世界です(^^;

商業的とか成分的な相性とか、色々語られていますが本当にそうなのかは謎です。

逆に言えば、自分の好きなように出来るという事ですね(笑)

 

日進月歩

持続性で言えば、スプレー→生塗り+コルクorブラシ→ホットワックスで間違いないと思います。

最近、各社ワックスメーカーの開発力は凄まじく、ペーストワックスはおろかリキッドワックスまで出ていることです。ですが試したことがないので実力や信頼性は分かりません。

だとしても、元々水分ってこともあり浸透性は固形ワックスと比べると良さそうな気がします。

そうは言っても基本はホットワックスで、春滑りや湿雪に遭遇したら現地でペーストっていうのが鉄板でしょうか。

 

板全体を温める意味

ここ最近、ワクシングペーパー無しでかけてます。液体と化したワックスがソールの奥まで染み込み浸透してるなと感じ取れます。それは、ボード全体が温かくなりソールの奥深くの隙間まで届いているとイメージしやすいからです。

例えば、新品の板をショップで買いサービスでVサーモかけてくれると、取り出しホヤホヤの板は全体が温かくなっています。

すなわち、デッキまで温かくならないとキチンと深くまで届かないんだろうなと悟りました。(思い込みかも)

 

どっちもリスクはある

ペーパー無しでかける場合はなるべく低融点なワックスが望ましいです。温度が低い状態で溶けるという事はアイロンの設定温度も低くて済みます。そうするとソールへの負担も軽減されます。けれどもどんなに低温度でもアイロンの動きをソール上で止める事はご法度です。簡単にソール焼けしてしまうでしょう。

逆にペーパー有りはどうかと言うと、1枚紙を挟んでるだけあってそこまでシビアにならなくてもいいかもしれません。

しかしアイロンの設定温度はペーパー無しに比べ少し高めになるはずです。そして、ペーパー有りでかけると余分なワックスはペーパーが吸い取りソール上には少量のワックスしか残りません。油断すると、高温度のアイロンと少量のワックスでやはりソール焼けを引き起こす可能性はあります。

 

用途によって

f:id:zephyr160:20180324165751j:image

改めて言いますが、どっちが正解とかはありません。考えた方や滑り方(本数や滑走時間)次第でしょう。

短時間勝負や午前中のみなどはペーパー有りで薄くかけても充分でしょう。

逆に、朝から夕方まで一日券フルに滑るとか、ナイターも滑るという方はペーパー無しでガッツリ染み込ませて現場ではメンテナンスフリーで過ごすなど…

しかも上記のことは、あくまでも自分の想像でもありますので、色々なワックスのかけ方をご自身でも試して頂きたいと思います。

 

タブーな領域?

今所持しているワックスは4社ありまして、一部では成分による相性がどうとか囁かれてたりしますが、自分の板で自分が乗って自分が滑るので、試行錯誤しながら様々な掛け合わせでワックスをかけています。どこのワックスもフッ素の有無はありますが大半はパラフィンベースなので問題ないかと(^^;

自己責任で自業自得なので(笑)